IT企業の場合

IT企業の場合、何の知識もなくても就職できる場合もありますが、
しかし、ちゃんとした知識と経験があれば、
なおさら重宝されますね。

 

システムエンジニアを以前やっていたような人が、
別のIT企業に転職して、
今度はシステムエンジニアではなく、
営業に配属された場合、
何の知識もない人が営業するよりは、
説明も分かりやすくて実感がありますね。

 

どんなものなのか、独自の視点で説明でき、
聞く側も安心ですし、信頼されそうです。

 

IT企業に行くなら、やっぱりある程度の
知識は必要なのかもしれません。

 

憧れだけで入りたくなりそうな職種ですが、
しかし、理想だけではなく、
現実的に会社の利益になれるような形を
とっていけるといいですね。

 

希望に合うエンジニア求人を探すためのHPも参考にしてみましょう。

IT企業に入りたくても、適性検査で落ちることもあります。

 

IT関連に必要なものは、一般的には、
数学的な考え方のようです。

 

理数系が苦手な人は、ちょっと難しいですね。
文系の人でも問題なく、適性検査を通ることもあります。

 

コンピュータの知識がなくても、受かってしまうこともありますが、
入ってからが大変なこともあります。

 

IT企業で働くことをちゃんと考えて、
決めたいですね。
IT企業は、忙しい企業が多く、仕事の量も、
他の企業に比べて大変な面もあるようです。

 

特に、女性はちょっとつらいですね。
どこに働くかは大事なので、
入ってしまう前に、調べておきたいですね。

 

理数系の人が多そうな分野ですが、
意外と文系の人もいて、いろいろな人と
出会えそうな職場です。

製品やプログラムを作り出す会社もあれば、

IT業界でも、最初から製品やプログラムを作り出す会社もあれば、
他の会社が作ったものを販売する会社もあります。

 

また、システムなどを開発する仕事がしたいのに、
実際はそれを全くせずに、下請けの会社が請け負っているところもあります。

 

それを目的に会社に入った人にとっては、
残念ですね。
営業希望の人にはいいのですが、
開発したい人には、
がっかりです。

 

どんな仕事をしているIT企業かを知らないといけないですね。
また、人材を派遣するようなIT企業もあります。
種類がいろいろですね。

 

どんな仕事かどんな内容か、何がしたくて、
何に向いているかをちゃんと考えたいですね。

更新履歴